並ウズラのモモが死んでしまった…

ヒメウズラのウメの死からそれほど日が経たずにして、
こんなことが起ころうとは…。

並ウズラのモモが死んでしまった。
卵詰まりだと思われる。

朝起きて、彼女のことを覗いてみると、
なにやら様子がおかしい。

暫く見ていると、卵を産みそうな様子に感じられたので、
ほっといた方がよさそうだと判断して、朝食を摂ったりなんだりしていた。

一時間弱くらい経った頃、ミールワームでもあげようかなーなんて、
何の気なしに覗いてみて、思わず膝を着いた。

「ああ、モモ…」

すぐに彼女が事切れているのがわかった。
急いで手に取ると、温もりがだいぶ失われていっていた。

彼女は、よく人に馴れ、呼ぶと寄ってきてエサをねだった。

佐渡ヶ島から屋久島まで連れて行った。
彼女ほど旅したウズラも、なかなかいないだろう。

相方の一番のお気に入りだった、モモ。

君が苦しんでいるのに気付いてあげられずにゴメンよ。
2年ちょっとの生涯、楽しかったかなあ。
卵たくさん産んでくれて、ありがとうね。
並ウズラのモモ

この記事へのコメント

  • たかたか

    モモちゃん、かわいかったね。
    もっと撫でてって仕草が忘れられないです。
    ご冥福をお祈りいたします。
    2011年07月02日 09:07
  • ヤトー

    ウズラの寿命を調べ直してみたら、
    最長でも5歳くらいという人もいて、
    農大の研究データでは平均2年以下。
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110004993009
    野生だと多くて年に卵を12個しか産まないから、
    体の負担も少なくて長生きなんだって。
    改良ウズラは、しょっちゅう産むから短命みたい。
    それを知って、ちょっと気が楽になったよ。
    2011年07月02日 11:18

この記事へのトラックバック

最近の記事