キャンパーズコレクションのモノポールテント(MP-2)を建ててみた(ちょこっとレビュー)

先日の

安いモノポールテント(キャンパーズコレクション)がドン・キホーテで明日さらに安く発売。ちょっと気になるぞ。

で触れたモノポールテント。
結局、気になって買ってしまっていた(^^ゞ

しかし、それから使う機会もなく日々が流れ、
出かけたついでに、どんなもんかと試しに建ててみてみた。

キャンパーズコレクション モノポールテント 収納サイズ
結構コンパクト

比較においたのは、手っ取り早く、自分のサンダル(笑)
足のサイズは、28センチ強。
この手の安テントにしては、かなりコンパクトである。

キャンパーズコレクション モノポールテント 開けてみた
あれ?ポールの材質が

次に開封をしてみる。

「ん?」

キャンパーズコレクション モノポールテント ポールとペグ
アルミポールとアルミペグ

ポールの材質がおかしい。
箱には『スチール』と書かれていたが、明らかに『アルミ』。

ペグも安っぽいがアルミだ。

これは、予想外。
嬉しい半面、軽量とまではいかない重量が、
これ以上軽くするのは容易ではないということでもあるので、
残念でもある。

キャンパーズコレクション モノポールテント インナー
蚊帳状態

次にインナーを建ててみる。

自分がこの手のモノポールテントに慣れているのも多分にあるとは思うが、
比較的簡単に建てられた。

他のものに比べて、難しいということはない。

説明書には二人で、とは書いてあったが、
一人でも問題ないはずだ。

ただその場合は、手順は説明書通りではなく、
ペグダウンしてからポールを入れるという方がいいと思うが。

キャンパーズコレクション モノポールテント 内部 ボトム
ボトム

キャンパーズコレクション モノポールテント フルフライ
フルフライ

適当に建てたので、ヨレヨレの感はあるが、
きちんとペグを打てば、もうちょっとピシッとなると思う。

キャンパーズコレクション モノポールテント 内部 トップ
トップ

総評としては、材質的に「やっぱ安いの使ってんだなー」って感じで、
耐久性はなさそうに思えるが、シームシールも最低限してあるし、
重量の割には、居住空間も広く、一万円程度で買えるテントとしては、
全然アリ、というか結構気に入った。

ただ、荒天の時のことを考えるといささかの不安は拭えない(笑)

今後そういう場面で使った時には、追記したいと思う。


一度、激しい夕立にあった際に、フライシートを通過して霧雨状に漏水してきた。
止んだ後は特に問題なく寝られたので、
全面メッシュという作りでなければ、多分問題なかったんだろうが…。
激しい雨の時には注意が必要そうだ。

新モデルは、ベンチレーションと前室が付いたんだ。

   

この記事へのコメント

最近の記事